So-net無料ブログ作成
HIDEMI SUGINO ブログトップ
前の10件 | -

『HIDEMI SUGINO』 Horikyo's Collection 40  [HIDEMI SUGINO]

Horikyo's 『HIDEMI SUGINO』 collection 40

HIDEMI SUGINO で久しぶりの タルト・フリュイ
とはいってもいつもの タルトフリュイ ではなく,Horikyo もお初見のものなんです.

それがコチラ

IMG_1699.JPG

ちょっと暗かった。。。

次は上から

IMG_1706.JPG

そしていちばんのショットで

IMG_1700.JPG

ということで,大好きなアメチェののったタルト・フリュイです.
直径は5 cm? くらいです. 

こんな小さくてカワイイ,美味しい芸術品は今年最初で最後の実は激レアケーキなのでした.

巡り合えて食べられたことに感謝です.ありがとう[黒ハート]


こんな酷暑だと HIDEMI SUGINO のケーキも一歩出たら溶け出して美味しくなくなってしまいます.
是非にテイクアウトできてもお店で食べることをおススメします.
そうでなければアントルメを注文してテイクアウトするのがよいかもしれません.

IMG_1708.JPG

ということで,9月下旬くらいまではテイクアウトはしないので,夏の食べ納めでマングキャシスを注文.
これで Horikyo's Family は何人かが秋まで我慢ということになります.
私はもちろんお店に行って食べますが・・・
なぜなら夏の HIDEMI SUGINO はフルーツ好きにはたまりませんので


nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

『HIDEMI SUGINO』 Horikyo's Collection 39 [HIDEMI SUGINO]

本当に久しぶりの Horikyo's 『HIDEMI SUGINO』 collection 39 です.

兄弟のバースデーケーキにと思って買ってあげたのに・・・
IMG_1268.JPG

「これじゃないほうがよかった」とふざけたことをいうので

母の日と兼用でこちらを

IMG_1605.JPG

そして少し早い父の日に

IMG_1615.JPG

一人用もいいけれど,やっぱりケーキはアントルメがいちばん美味しい[黒ハート]

そして HIDEMI SUGINO は Horikyo にとっていちばん欠かせないケーキ屋さん.

IMG_1272.JPG

ショーケースに並ぶケーキのひとつひとつはまさに芸術品.

今のTVで映されても十二分に耐えられるキレイさがこのケーキたちにはあります.

そしてこの芸術品のケーキたちははかなく,お腹のなかにあっという間になくなってしまうのでした。。。


IMG_1541.JPG

これはバレンタインデーのケーキ.
毎年はブッシュドノエル風に落ち着きました.
ハート型,円型・・・やはりハート型が量的にもこの時期にもいちばんよいかも

それぞれのケーキの内容については,いままでの HIDEMI SUGINO の記事でお確かめください(^_^;) 
キーワードは「フレゼット」「ネオ」「コートダジュール」「バレンタインデー」で引っかかると思います.


nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

『HIDEMI SUGINO』 Horikyo's Collection 38   [HIDEMI SUGINO]

Merry X'mas !
すっかり冬になってしまいました.
やはりこの時期ならではの,そして毎年恒例の記事をUPです!
ということで,おいしい記事を一気に紹介します.

久々の~

Horikyo's 『HIDEMI SUGINO』 collection 38 です.

HIDEMI SUGINO X'mas Cake 2011
IMG_1490.JPG

Emotion (エモーション)
風味豊かな生姜をほのかに利かせたミルクチョコレートのムース.
バナナのムースとエキゾチックなパッhソンフルーツのジュレが印象的
                              〔HIDEMI SUGINOだより より〕

IMG_1489.JPG 

IMG_1492.JPG

白い部分がバナナのムース,そして黄色の部分がパッションのジュレ.
ミルクチョコムースのなかには生姜がたしかにほのか~に利いています.
まわりのショコラビスキュイにはマカデミアンナッツのスライスが入っています.

このムースのやわらかさとジュレの少しフリーズした感,ショコラビスキュのしっかり感が味とともにケーキのよさをひきだしています.
香り,味,テクスチャーの三位一体感はHIDEMI SUGINOのケーキの醍醐味ではないでしょうか.
そういう点にいおいて今回のこのケーキは
2008年のX'mas ケーキ Neo 以来の Horikyo's ヒットです.
本当にまた絶対に食べたい一品です.
(ただし,アントルメだからよく,一人用だと多分ダメだと思います)

そしてこのケーキの上に飾ってある生姜もおススメ.
マダムに「それだけで売ってもいいと思う」とずうずうしいことをいってしまいました.
だっておいしかったですから

そして今年のもうひとつのケーキであるフルーツムースのケーキは・・・

IMG_1496.JPG

HIDEMI SUGINO X'mas Cake 2011
IMG_1495.JPG
Violette(ヴァイオレット)
スミレの香りを添えたブルーベリーのムース.
ハチミツ風味の洋梨のムースとブルーベリーのジュレがやさしい気品を感じさせます.             
                                〔HIDEMI SUGINOだより より〕

今回のいちばんの意外性はブルーベリーを用いたこと.
実はHIDEMI SUGINO にはブルーベリーを用いるとしたら飾り用で,ケーキの生地素材にはなったことがないんです.
だから生地に用いたことにとっても驚きました.
それを問うたら杉野シェフがブルーベリーが好きではなかったようですね.
でも今年初めてジャムで使用したらお気に召したようで今回の採用になったようです.

ではここでみなさんに問題です.
このケーキで色を出すのに苦労したのはどの部分でしょう?
IMG_1497.JPG

ケーキをつくる方ならきっとおわかりかと思います.
ケーキの下をおおうブルーベリービスキュイです.
この紫色を出すことがとても大変なんだそうです.
下手するとグレーになってコンクリートのようになってしまう・・・色的にまったくおいしさをなくしてしまうものになってしまうのです.
それを細やかな仕事により実現させたこの部分はたいしたものです.

そしてなんといってもスミレの香りが嫌みではないこと.
生ブルーベリーを食べたことがある方ならば,ブルーベリーには香りがないに等しいことをご存じだと思います.
だからこのケーキにはスミレで香りをつけて仕上げたことは凄いなぁと思います.
そしてそのスミレの香りも人工的ではなく,すぐに消えるよい香りだったのです.
これこそこのケーキの醍醐味! 
まさに上品なケーキでした.

今年も Horikyo 's ファミリーに笑顔を与えてくださり,本当にありがとうございました.

とはいっても
やっぱりX'mas ケーキの最後を飾るのはやっぱり王道の ショートケーキ!IMG_1509.JPG

これで今年のケーキ月間は
終了.
ごちそうさまでした(^o^)

あと数回,いままでにはない記事をUPできるようにしたいと思いますのでお楽しみに?!
大丈夫かなぁ・・・


nice!(6)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

『HIDEMI SUGINO』 Horikyo's Collection 37 [HIDEMI SUGINO]

Horikyo's 『HIDEMI SUGINO』 collection 37

HIDEMI SUGINO X'mas Cake 2010
IMG_1124.JPG

毎年食べずにはいられないフルーツムース系♥
見ると一安心するクリスマスケーキです.

Levre (レーヴル)
爽やかな酸味と芳香をたたえる苺のムースの中には,チェリーのムースと濃厚な酸味が印象的な赤オレンジのジュレ.
シルキーなシャンパンとともにクリスマスの夕べを華やかに・・・
                                 <HIDEMI SUGINO だより より引用>

IMG_1126.JPG

IMG_1128.JPG

やっぱり HIDEMI SUGINO の苺と苺ムースはおいしいと思う.
見て安心,食べて安心.
そんなにチェリー味の強さは感じないのですが,グリヨット(チェリーのリキュール漬け)がゴロゴロ入っていて
案外リキュール効いていてすごいかも・・・もう少し数を減らしてくれてもよいかな
そして今回はジュレ部分がやや凍っていなかったのでちょいと残念だったかな
とはいえ,なんだかんだいってもやっぱり美味しいことにわかりはなく,満足です.

さてこのケーキの上にのっているハーブ(レモングラス)
水あめでコーティングされているのだと思うのですが,このハーブ,すんごく香り高いです.
青森の農家の方のだそうで,どうも杉野さんに似た職人肌の方だそう.
類は友を呼ぶ???ようですね.
とりに伺ったときに杉野さんご本人がそのハーブの凄さを力説してくださいました.

Horikyo はそのとき有名な発酵学者の先生に伺ったことを思い出しました.
土がきちんとできていれば,虫が食べても野菜の成長が早く,虫食いがなかったかの状態になる
ということを.
となると,有機野菜といってだまされていることありますね.
きちんとした土づくりが大事なんだそうです.
消費者も賢くならないといけませんね.

この日,杉野シェフは,山下 清さん(裸の大将)のモノマネをして
「僕はクリスマスが嫌いなんだな」といいました.
なのでHorikyo は「大好きです,美味しいケーキが食べられるから」といっておきました.
たしかに生みの苦しみのようですが,モノマネをするくらいだし,お顔も晴れ晴れしていて今年はきっと納得されたんでしょうね.
今年も本当にありがとうございました(^○^)

ということで,クリスマスケーキはこれで終わり.
ません,のでお楽しみに♪


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

『HIDEMI SUGINO』 Horikyo's Collection 36 [HIDEMI SUGINO]

Horikyo's 『HIDEMI SUGINO』 collection 36

HIDEMI SUGINO X'mas Cake 2010
IMG_1116.JPG

今年はマダムのおススメもありまして,チョコ系にもトライ!

Plaisir(プレジール) 2010 
J' adore le chocolat !! (チョコレート大好き♥)
チョコレート,チョコレートビスキュイ,グレープフルーツのコンフィ,プラリネ etc・・・
チョコレートと相性のよい素材が大集合です.
「原点回帰」をテーマにイデミクラシックを「今」に表現します.
                             <HIDEMI SUGINOだより より引用>

IMG_1117.JPG

プレジールは,復活の要望があるケーキのひとつであり,かつHIDEMI SUGINO の原点を意味するケーキだそうです.
それを2010年版に仕上げた作品です.

IMG_1120.JPG

IMG_1121.JPG

バレンタインの時期のチョコとフランボワーズも相性がいいのですが,グレープフルーツはまた大人って感じでいいものです.甘さをほどよい苦味がちょこっと引き締めてくれます.
そして各層の食感が異なるのでメリハリがあって HIDEMI SIGINO の醍醐味を味わうことができます. 
いちばん下の食感がとくにいいです.

グレープフルーツのコンフィは,当初南アフリカ産のグレープフルーツを使ってつくられたそうですが,苦味が強く納得したものに仕上がらず,急遽フロリダ・カリフォルニアエリアのグレープフルーツに変えて仕上げたそうです.
グレープフルーツの時期がちょうどそういう時期なんだそう.

こんな話を聞くと本当に妥協を許さない職人さん肌でケーキづくりが大好きなんだなぁ~と思います.
そんなケーキが食べれるのも幸せです♥
ありがとうございます,ですね.

それにしてもこのところ疲れているのか,チョコケーキが食べられるし,おいしいと感じます・・・
いいのか悪いのかちょっとした危機感を感じています.


次回は,毎年恒例のフルーツのムースのクリスマスケーキを紹介します(^○^)


nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

『HIDEMI SUGINO』 Horikyo's Collection 35 [HIDEMI SUGINO]

信州の前にちょっとご無沙汰のケーキを
このままですと HIDEMI SUGINO X'mas cake 2010 になってしまうので(^_^;)

Horikyo's 『HIDEMI SUGINO』 collection 35
12.16-2.JPG
タルト・フリュイ
これを最後に見て食べたのは2008年12月6日
このタルト部分をつくるのが大変力がいるお仕事だそうです.

あれから 1 年と 8 か月
タルト部分を少し変えて突如として現れました.
IMG_0727.JPG

IMG_0730.JPG

IMG_0733.JPG

IMG_0735.JPG

行くたびにしつこいように復活を願った一品.
本当に久しぶりにお目にかかれて食べられて嬉しかった~♪
HIDEMI SUGINO のフルーツはおいしいうえに果物の宝石のようだから大好きです.
けれど 9 月の下旬に消えてしまいました.ぐすん(ToT) さようなら(ToT)/~~~
またお目にかかれる日を楽しみにしています.

そして数年前はイートインだけだった プロヴァンサル
IMG_1000.JPG
レモンのタルトの上にバジルソースとミニトマト,メレンゲです.
この似たような味を先日,京都で食べました.
仲良しだからいいところはまねるのかな?と思った次第です.

そして急遽イートインがテイクアウトの状況になって我が家にきた 2 つを紹介.
IMG_1022.JPG

IMG_1023.JPG
上は ジオメトリー
ピンクグレープフルーツとミントのムースです.
下はご存知の アンブロワジー です. 
上のムースは持って帰るべきではなかった・・・ケーキにも杉野さんにも申し訳い気持ちでいっぱい
本当にごめんなさい.
そしてアンブロ,やっぱりおいしい.HIDEMI SUGINO のチョコは美味しいと思います.
今年のクリスマスケーキ,本当にどうしよう・・・悩む(>_<)

チョコつながりでこちらも数年ぶりに登場の焼き菓子
IMG_1025.JPG
是非に見かけたらゲットしてくださいね! 貴重です.

ひとつだけでも美しいケーキですが,
同じものがいくつも並んだとき,その美しさがひきたち,ため息が出ます.
開店と同時のショーケースは必見です.

IMG_0996.JPG
そして今年の初お目見えは お花(フヌイエ)風味とピンクグレープフルーツのジャム
まだ食していないのですが,お店では人気があってSOLD OUTだそう.
  


nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

『HIDEMI SUGINO』 Horikyo's Collection 34 [HIDEMI SUGINO]

Horikyo's 『HIDEMI SUGINO』 collection 34

何年ぶりにお目にかかったことでしょう
昨年から食べたい食べたいと書いていました↓
http://kyo-nodekigoto.blog.so-net.ne.jp/2009-02-22

久しぶりのごた~いめ~ん
IMG_0352.JPG
ムロング・グロゼイユ(現在,土日限定)
カスタードとアーモンドクリームをひいたパイ生地にと赤すぐりをちりばめたメレンゲをのせているものです.

IMG_0353.JPG 
ただ,今日の暑さに耐えきれず・・・メレンゲの表面が汗をかいてしまっています
これでも冷蔵庫で冷やしたんですがケーキにかわいそうなことをしてしまいました.
やはり今の時期はアントルメを除いては,どんなケーキでもイートインがいいですね.

そして前述のほかに 2 つ書きたいことがあります.
ひとつは,今日,お客さんが選ぶケーキをみていました.
「どうしてそれを食べるの~」といいたくなるくらい選択肢を間違えている!
こんなに選べるものがあるなかでどうして・・・とつぶやいてしまいました.
イートインがあるときは是非にイートインを食べてほしいです.お願いします.

もうひとつは,タルト・フリュイがかたちを変えて出てきました.
これはムロング・グロゼイユほどではないのですが久しぶりに出てきました.
ただしいつなくなるかわからないのです.
ムロング・グロゼイユ同様,みたらいまのところ食べておいたほうがよいケーキです.
(先のイートイン食べて!っていうのも矛盾するんですが・・・
 数学的にいうとしたら  イートイン > ムロング,フリュイ  ですね)
次は久しぶりにタルト・フリュイ食べたいです(^○^)

今日はHIDEMI SUGINO はこれまでにして,ケーキの後ろにかすかに写っている飲み物を紹介します.

IMG_0354.JPG
これは ハリウッド化粧品の抹茶 & レモン です.
いただきものなんですが,抹茶だけだと苦味が感じられるのですが,レモンと果糖などが入っていて夏にすっきりして飲みやすくておススメです.

そして最後に,我が家のミニトマトたちです!
IMG_0351.JPG
下のは 2 つばかりとって食べちゃいましたが,鈴なりです♪
調子にのって真剣に家庭菜園なるものを庭ではじめようかと考えています.
そんな話を会社でしたら,同僚がわかりやすい本を貸してくれました.
人は意外なところでつながれるものですね.   


nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

『HIDEMI SUGINO』 Horikyo's Collection 33 (イチゴ特集) [HIDEMI SUGINO]

Horikyo's 『HIDEMI SUGINO』 collection 33

今年は本当に甘くておいしいイチゴだよぉ~
IMG_0257.JPG

ベルジャルディニエール

IMG_0258.JPG

食べてみてね(^_-)-☆

不思議なもので憶えているんですね.
バレンタインが終わったらベルの時期だって.
今年はイチゴのジャムも買い!ですね.

ジャムつながりで・・・
今年は数年ぶりにお目見えしました.
IMG_0264.JPG
カルダモン風味のキンカンジャム


キンカンは手間暇かかかる食材ですが,やはり杉野シェフのこの一品は外せない.
本当に嬉しいお目見えでした(^o^)
ということは,杉野シェフは今年は俄然やる気ですね.
これから楽しみです♪
(しかし,別名フジツボのリビエラがもうつくられなくなると聞いたような・・・)

次はイチゴつながりで 2 つばかり紹介します.

まずひとつは新宿伊勢丹の鈴懸 イチゴ大福
鈴懸.JPG 
鈴懸いちご大福.JPG
イチゴがどーんと入っていて餡子が得意ではない Horikyo には食べやすい.
って,そんな理由だけではないですよ.
トータルバランスがいいです.新川の翠江堂さんのより食べやすくて好きかも

そして最後はやはりこれを紹介しないと!!!

ハーゲンダッツのヘブンリースプーンの第二弾ともいうべきイチゴのアイス
IMG_0243.JPG
その名も ももいちご
IMG_0245.JPG

あいにく一般の販売店には売られていません.
今回もありがたいことに応募したら当選したので食べることができました.
(ハーゲンダッツさんも前回学習したようで販売方法を考えられたようです.
でもまだ販売に甘さが出てキャンセル販売しています.
きっと今度販売するときはキャンセルなしになるように販売するでしょうね)

「ももいちご」というのは,徳島県佐那河内村で栽培されている,果肉が雪のように白いイチゴで,もものようにジューシーで酸味が少なく,香り高い大粒の貴重なイチゴだそうです.

そのイチゴのアイスがコレです.
IMG_0247.JPG
ハーゲンダッツのストロベリーとはまったく違います.
なんだかイチゴ果肉が入っているミルクアイス???って感じ
これなら生の「ももいちご」食べたいかな

やっぱヘブンリースプーンのダージリンアイスのほうが断然よかった!!!
ハーゲンダッツさんも Horikyo もお互いちょっと考えないといけないかな・・・(^_^;)

とはいえ結論は, いちご という食材は魅力的 ということは否めない.
イチゴときけば心躍る Horikyo です.


nice!(13)  コメント(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

『HIDEMI SUGINO』 Horikyo's Collection 32 etc. [HIDEMI SUGINO]

やはりこの時期は チョコレート ですよね!

今年は Horikyo's 『HIDEMI SUGINO』 collection 32 ということで・・・
数年ぶりの ショコラフランボワーズ です♪

IMG_0238.JPG

IMG_0239.JPG

IMG_0241.JPG

去年だいたいの数がわかったのでつくる数を増やすといっておりました.
ということは,ハート型ではなくなるだろうと予測しておりました.
みてのとおりの丸型です.

本当にチョコのコーティングは顔が映りそうな漆のような塗りなのでいつもほれぼれしてしまいます.
そこにシェフからはちょっと想像できないカワイイ飾り付け
そして美味しいチョコと木イチゴのコラボは美味♪
大人のチョコレートケーキです.
今年食べられたことに感謝,ありがとうございました.

このほかにもショコラグルノーブルやらプリュンヌ(説明はのちほど)を買いました.
いちばん買ったのはジャムでしたが・・・(^_^;)


それでは,このほかに購入したチョコレートを紹介します.
基本 1 粒でいいという Horikyo なので自分用はまったく気合いが入りません.
ですが催事場を見るのは好きなので,くるくる歩き回って見ています.
もちろんデパートのホームページも見逃しません.

それで今年買ったもの
IMG_0236.JPG
上の緑から,これは新宿伊勢丹
コップナー:ショコラトルステック70%カカオCOFA
コップナーは1993年ドイツにて創立され,原料のカカオや製造プロセスにかなりのこだわりをもってつくられているといわれています.
購入したこのチョコレートはホットドリンクで楽しむステックになっています.
 10.jpg
                  [画像:ちょこあげ編集部ブログ]
温かいミルクにこのチョコステックをくるくるして溶かすとホットカカオができるということです.

その次は日本橋高島屋
マーク・デュコブ:マーク・デュコブ×中村藤吉本店

[マーク・デュコブ]  マーク・デュコブ×中村藤吉本店4
                                 [画像:高島屋]

ベルギーチョコレート大使のマーク・デュコブ氏が,京都の老舗である中村藤吉本店の香り豊かな抹茶を使ってつくったチョコレート.味は「抹茶のガナッシュ」と「抹茶&ゆずショコラ」の2種類です.

そして紫の箱は HIDEMI SUGINO 
この商品が HIDEMI SUGINO の定番中の定番,誉れ高い No.1 チョコかも?!の
プリュンヌ:大粒のドライプラムのなかにコニャックがたーっぷりきいた柔らかいガナッシュをつめたもの
私が説明するよりもとってもよいブログがありますので,こちらに↓アクセスを
http://sweets.nifty.com/cs/catalog/sweets_report/catalog_090207027417_1.htm

そしてそして毎年のように購入するのがデパートならどこにでもある
ヨックモック:シガーロールがチョココーティングされているもの
この時期にしか出てこないので買います.

また今年は白金に行く用事があったので懐かしいチョコを
エリカ ミント.jpg
ショコラティ・エリカ:ミントチョコ

やっぱりここのこのチョコは美味しーい!!!

ということで数少ないチョコ商品を紹介させていただきました.
自分の口に入る(った)のは,チョコステックとヨックモックとミントチョコです.
残りは人様へ・・・でもその人の嗜好や趣味などを考えて買ったつもりなので購入にはかなりの自信が!
と自己満足をしている
Horikyo です.


それにしてもチョコの値段がバカと高くなっているような気がしてなりません.
もうコインでチョコレートが買えなくなるんじゃんないか???と,恐怖を感じています.


nice!(13)  コメント(11) 
共通テーマ:グルメ・料理

『HIDEMI SUGINO』 Horikyo's Collection 31 [HIDEMI SUGINO]

Horikyo's 『HIDEMI SUGINO』 collection 31
この時期の HIDEMI SUGINO で blog を up するということはコレしかないでしょう!
ということで去年と同じ口上ではじまりです.

HIDEMI SUGINO X'mas Cake 2009
IMG_0162.JPG

この写真からイチゴ系???と思われた方も多いかと思いますが,
イチゴのムースはこの時期のものではないので違いまーす.
となるとなんでしょう?
次の写真から考えてみてください・・・

ロアジス.JPG

    IMG_0161.JPG

    IMG_0164.JPG  

脳みそが活性化されたでしょうか?
それでは答えです.

まず今年の作品名は L’Oassis (ロアジス)
まるでクリスマスの夕べを彩るアペリティフのようなお菓子に仕上がりました.さわやかなピンクグレープフルーツのムースと気品のあるライチのムースのマリアージュです.

という答えでは,難しいですよね・・・これは HIDEMI SUGINO のケーキの紹介文
Horikyo がわかりやすく説明します?!

緑の生地はミント
ピンク色のムースはピンクグレープフルーツ
断面図でおわかりになると思うのですが,ピンクグレープフルーツ果肉の粒々が入っているのが見えることと思います.
よってカットすると,どうしてもその果肉が当たって空洞になってしまうのが残念なところですが
そして白色のムースはライチ
ライチのムースのなかには,イチゴのフリーズドライが投げ入れられて浮かんでいます.
そのピンクと白の境をつくっているのがチルド状態の赤モモのジュレです.

ライチの甘みとピンクグレープフルーツの苦味がほどよくあいまって,チルド状態の赤モモとフリーズドライの触感がそれをうまくブレンドしています.
それをしゃきっとリセットさせるような役割をミント生地がもっているんです.
ただこのミント生地は香りが高いのでほかの邪魔をするという人もいるとは思いますが・・・

とはいえ,HIDEMI SUGINO のケーキの極意は
ケーキは上から下までを一気にカットしてすべての層をいっしょに食べること
これをしない限りはそのケーキの本当の美味しさは味わえないと思いますので,そのように食べて欲しいです.

その醍醐味を味わうべく,今年 Horikyo に与えられた1/4ケーキはこちら
      IMG_0166.JPG
眺めている時間と食べる時間が等しいのもおかしな話ですが,
本当になくなるのが異様にはやいケーキたちです(^_^;)

さて,今年の感想です.
杉野シェフの得意とするところをとりいれた昨年と少し似ている作品というのが第一印象.
味には申し分ないし,いう筋合いもないし,納得!
でも 去年のクリスマスケーキの Neo にはかなわなかったというところが本音です.
あれは本当に美味しいと思います!

そしてHIDEMI SUGINO のもうひとつのクリスマスケーキ,チョコ系のケーキです.
今年もちょこっとみせていただきました.
パッとみでいうと,バナッチョの下の生地にパラディが入っている感じです.
紹介文はこちら ↓ でもかなりわかりずらいでしょうね・・・
Escobar (エスコバ)
フランスのコンフィズリーの店先で透明のセロハンにくるまれたヌガーというお菓子をご覧になったことはありますか? 噛むほどに甘く,木の実の香りが口の中に広がる,幸せな記憶.この小さな可愛いお菓子をイメージして,チョコレート菓子に仕上げました

 2 つ買わないの? と聞かれることがあるんですけど,チョコ系苦手なんです.
チョコを変えて食べやすくなっているとマダムはおっしゃっていたんですが・・・

本当は 2 つ食べたいです.
でーも,購入する以上に大変なことがあるんです!
クリスマスのケーキの予約の〆切は10月末日
この日までに 6 日間の間で受け取れる日・受け取れる時間・持ち歩く時間・食べる時間を申告するのです.
これって案外難しいこと
 HIDEMI SUGINO のケーキは時間がその美味しさをかなり左右する ので
これは本当に外せない条件なんです.
いつになったらクリアできるのか・・・クリアしてみたいものです
よってチョコ系は年明けに一人用になることで食べさせていただこうと思います.


杉野シェフは10 月の下旬にクリスマスケーキのことを考えると胃が痛いとおっしゃっておられました.
(あれ?と思われた方もいるのでは・・・
そう,予約を受け付けている時点ではまだ試作品もつくっていなかったんですね,
だから内容の詳細が変更する場合があると記されているんです)
でもこれでケーキも決まって販売しているので,マダムに伺ったらシェフはもう終った♪と喜んでいると
よかったよかった
私も本当に今年も食べられることができて嬉しいです.
今年も本当にありがとうございました(^o^)
来年も長く細く杉野シェフはじめマダム,お店の方々には頑張っていただきたいです.

さて今日はこれからチキンを焼いて,明日はショートケーキのクリスマスケーキを食べまーす♪
そうこのショートケーキも外せないんです・・・結局 2 つ食べてる Horikyo です.
つまり, 3 つは無理ということです(^_^;)


nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - HIDEMI SUGINO ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。