So-net無料ブログ作成
生鮮食品 ブログトップ

折田農園 『マンゴー&パッションフルーツ』ほか [生鮮食品]

をお知らせする 毎年恒例 小笠原からのおとりよせ品たち が続々届きました!
今年はすべて折田さんのお家の折田農園からです.

まずは マンゴー
実は先日,今年もお隣から沖縄のマンゴーをいただいたのですが,やっぱり小笠原がご贔屓です.
 
なんだろう沖縄のはつくられました感が否めない.
やっぱり箱入りのキレイな売り物として売られるからか整う分だけちょっと薬臭いというかなんというか・・・
でも折田さんのはそういうつくられました感がない.
野放しじゃないんだけど,太陽いっぱい浴びましたー感があります.
本当に香り高くてプンプン香ってます.
ただ去年より甘味がホントに少しだけだけど少ない気が・・・
でもホントにジューシーなのは小笠原ならでは.
右の写真からわかるようにお臍部分から蜜が出てきたら食べごろです.
「食べてー食べてー」 とマンゴーがいっていました.

それでは今年も去年と同様の知識を
マンゴーは果実の王様.原産地はインド.
ヒンズー教徒の伝説に多く登場し,聖なる果実といわれています.
黄色で平べったいフィリピンマンゴー(ペリカンマンゴー)と赤くて大きなメキシコマンゴー(アップルマンゴー)があります.
マンゴーのβ-カロテンは眼の粘膜を強くするといわれている眼によい果物.
ただウルシ科の植物なのでご注意を.

そして次なるものが パッションフルーツ

今年は折田さんのところで頼みました.
というのも,毎年お願いしているほかのもののを注文するときにパッションの話を伺ったんです.
「うちのはハウス栽培じゃないんだよ」
このときの折田さんの言葉にはふくみと自信をうかがわせのです.
それが気になって,どうなんだろう? ということでお願いしてみました.
ハウス栽培ではなく露地栽培なら日差しを浴びて甘さも違うんだろうなどと勝手なことを思い描いていたわけです.
そしたら・・・そのとおりだった.
顔は少々傷だらけだけど甘味が違う.甘くて強い.
なおかついつもの違うのは時期.自然のサイクルでなるので普通よりも少し遅い.
これこそ天然育ちのフルーツか?!

そしてパッションフルーツもマンゴと同様の知識を
「キリストの受難」というトロピカルフルーツのイメージとはちょいと違う意味をもつフルーツです.
それはパッションフルーツの花=トケイソウにあります.
このトケイソウのおしべが十字架にかけられたキリストに見えたからだとか・・・
 こんな花からなるのです.

そしてこの折田農園のフルーツの最後の〆はいずれきたら紹介します.
去年紹介しなかったので.


これらが届くと無性に小笠原に行きたくなる病が発生します.
あれからもう10年以上になるでしょうか?
母島も変わったことでしょう.
あの澄んだ海でザトウクジラをみて,ドルフィンスイムにスキンダイブをしたいものです.
もちろん折田さんの農園にも行かなければ! と思っています.
これは数年以内に実現させるつもりです.
(与那国にも与論島にも行きたいんだけど・・・)
歳(とくに世代)が違えばみるという視点が異なることでしょうから
同じところにもう一度行くということ,私は好きです.

*****************************
今,東京で話題の数時間も並ぶものとは?
私も数か月前にその行列をみて驚いた一人です.
あそこまで並んでまで買いたくないよ~という人なので.
そんな私に棚からぼた餅
お世話になっているヘアーサロンがコラボしてるとやらでいただきました.

Krispy Kreme Doughnuts (クリスピー・クリーム・ドーナツ)
のオリジナル・グレーズド
あまりドーナツは・・・という私です.
「ためしに食べてみてよ」とくださったので一口.
生地はフワフワでおいしいとは思うんだけど1/4でギブ.だって甘いんですもの~
数日後,兄弟もいただいてきたのですが,
揚げる人?揚げた時間?によって違うのか,ちょっと油分が多いような気がしました.


nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

折田農園 『小笠原マンゴー』 [生鮮食品]

小笠原第 3 弾便
それは,頼んだ張本人もまったくもって忘れていたもの
箱を開けて「あー!」
折田農園の 『小笠原マンゴー』


小笠原の話は, このとき(小笠原の塩) このとき(藤谷農園さんのパッションフルーツ)
に書きましたね.
その折田さんには GW になると必ず電話をして注文するものがあって,そのついでに試してみようかと注文したのです.

甘い香りがプンプン漂うこのマンゴーは,果実が木とつながれているお尻の部分から蜜のようなものが出てきて,持つと全体がべたべたしてきて艶がでて脂ギッシュになる.
太陽の日差しをガンガン浴びたマンゴーは,外国産のとは比較対象外,沖縄・奄美地方の高級マンゴーよりもジューシーでなにしろ甘い! そして味にムラがない. 
すべて当たり!
皮が変な色になってもぺろ~んと皮を剥いだらなんてことはない.
味も色もおかしくないし,その果実の強さを発揮してくださいました.

そしてマンゴーは大きいものだと思い込んでいた私をまたまた折田さんは驚かせてくれました.

5 cm くらいのおちびちゃんたち.
味が落ちるかと思いきや変わらない・・・驚
逆に食べやすくて剥きやすい(大きいと手で持って剥くの大変).
どうも母島ではおちびちゃんたちが袋で売っているらしい.
なので来年は大小混合でお願いした.
タイヤキ同様,マンゴーは折田農園以外では買わない.

今年はこれでマンゴーは終了するわけだが,名残惜しい私はひとつだけスムージー用に冷凍した.が,我慢ができずに作って飲んでしまった・・・
薬臭さもなく本当に香り高い超完熟マンゴーは食べてよし,飲んでよし!

マンゴーは,果実の王様です.
原産地はインド.ヒンズー教徒の伝説に多く登場し,聖なる果実といわれています.
黄色で平べったいフィリピンマンゴー(ペリカンマンゴー)と赤くて大きなメキシコマンゴー(アップルマンゴー)がありますね.小笠原は後者ですね.
マンゴーのβ-カロテンは眼の粘膜を強くするといわれている,眼によい果物です.
ただウルシ科の植物なのでご注意を.

日本は野菜・果物は,本当に世界に誇れる完成度の高い高品質の食品だと思います.
外国は生食するのではなく調理して用いることが前提なので質は低い.
外国人が日本のマーケットや八百屋で驚くはずです.
そう考えると,日本が食に関するのもは世界一といっても過言ではないはず.
ただ自国で作らず諸外国に頼る現状はよろしくないですけど・・・

そうそうフルーツは老化を防ぎ,若さを保つ食品ですよ.

**************************
3 ついっしょに咲きました.
 
咲く前はこんななんです.               夜うまく撮れませんでした・・・でもいい香り

次回はお約束の HAWAII です.


nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理

藤谷農園 『パッションフルーツ』 [生鮮食品]

以前, 『小笠原の塩』 を紹介したときに第 2 便できたものはコレ

“パッションフルーツ”


最初このフルーツを食べたのは 9 年前
10 年前は父島のみの滞在でしたが,次の年は母島と父島で 2 週間滞在しました.
そのとき民宿ママヤに宿泊し,そこの宿主である折田さんのおじいちゃんに連れられて行った先が,硫黄島出身の方がやっているハウスの南国フルーツ栽培農家でした.
そこでごちそうになったのがパッションフルーツでお初ものだったのです!
当時,本土でほとんどみたことがなかったですし,ましてやいまほどマンゴーやパッションなどがケーキなどの sweets にほとんど使われてもいなければもてはやされていませんでした.
(ここ数年すごいですよね,南国フルーツものは.輸入解禁されてもいますし・・・)

食べたらまた食べたくなって・・・
そこで本土に発送している母島のパッション農家が藤谷農園さんだったのです.
4 月になると注文して最初と最終に送付してもらっています.
来る楽しみと今年もこれで終わりと言い聞かせて味わいます.

なにしろこのパッション,香り高いんです.
一度食べたらやめられない・・・

さて,パッションフルーツですが,
「キリストの受難」というトロピカルフルーツのイメージとはちょいと違う意味をもっています.
それはパッションフルーツの花=トケイソウにあります.
このトケイソウのおしべが十字架にかけられたキリストに見えたからだとか・・・
パッションフルーツの花がトケイソウとは本当に驚きました,最初小笠原で見たとき.

そしてこのパッションフルーツの原型(ブラジル)がコレ
屋久島に遊びにいったときに知り合った方にいただいたものです.

これはおいしいというのものではありません.
ただ酸味より甘味がありました.
屋久島でもやはり小笠原同様パッションフルーツを栽培していますが,
私は値段が良心的で味もおいしい小笠原が断然いいですね,やっぱり.

そして藤谷さんちのパッションの断面です.

このプチプチ感と酸味がたまらんのです.
いろいろな楽しみ方があるそうですが,冷やしてこのままで食べるのがいちばん好き.
同じくらい大∞好きなのがマンゴ&パッションジュース.
とーても美味しいですけど私には作れない・・・

パッションや柑橘類などの酸味の多いフルーツは,
ストレスなどのイライラを鎮めるリラックス効果
があります.
パッションはもうおしまいですが,柑橘類でリラックスしましょう!

次は Horikyo's life で 2 番目に高かった食事を紹介します.
いやぁ~旅とは恐ろしいものです.  

******************************************************
伯母が先月ビニールに 2 袋も送ってくれたきゃらぶきです.
祖母の味と同じで本当に美味しくて昆布と同じでやめられないとまらない?!


nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理
生鮮食品 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。